エッセンシャルオイル(精油)UKライン

アロマセラピーは、1920年代にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセにより造られた言葉で、アロマ(芳香)+セラピー(療法)を意味します。香りの成分は「感じる」ことにより脳神経を刺激し、また「吸収する」ことにより身体組織を刺激します。心や体のリフレッシュやウェルビーイング(より良く生きること)へのサポートアイテムとして、アロマセラピーは数々の機関や家庭レベルで実践されています。

精油は、アロマセラピー実践に欠かせない植物の芳香物質です。
英国直輸入の上質な香りをセレクト。
天然の植物の香りが日常を豊かにします。

【使い方の例】
・ティッシュやコットンに滴下して、デスクや枕元に置き香りを楽しむ。
・芳香器を利用する
 (アロマ加湿器、アロマディフューザー、等)
※精油は濃縮されているため、滴数はお部屋の広さや空調に合わせて少な目にご利用いただき、様子をみながら増やしてください。
24